ホーム

見える世界が変わった日

読了までの目安時間:約 5分



高校の頃から近視が強くなっていった。

 

視力で言うと、0.2〜0.3程度だったかと思う。

 

子供の頃見えていた景色が、いつの間にかよく見えなくなっていた。

 

街の中、すれ違う人の顔やお店の看板や空の雲。

 

水性絵具が画用紙に滲んだように輪郭がはっきりしない。

 

目を細めると、少しだけましになる。

 

あいまいな世界。

 

 

 

でも、僕はメガネをかけていなかった。

 

メガネがあまり好きじゃなかったというのもある。

 

裸眼でもなんとか日常生活は出来ていたし、不完全な世界が嫌いなわけでもなかった。

 

時にははっきり見えないほうが都合の良いこともある。

 

ぼやけていると、女の子がみんな可愛く見える(笑)

 

 

 

やがて僕も18歳になり、車の免許を取りに行くことに。

 

車の免許をとるには両眼で0.7以上ないといけない。

 

そこで、はじめてメガネをつくることにした。

 

メガネは好きじゃなかったけれど仕方ない。

 

目の検査をして、フレームを選んで、僕のメガネが出来上がった。

 

 

 

気恥ずかしかったけれど、メガネをかけて街を歩いてみた。

 

えっ!

 

ショックを受けた...

 

人の顔がはっきり見える! 女の子の顔も(笑)

 

お店の看板や中で売っているものまではっきり見える!

 

木々の葉っぱや枝、空の色まではっきりきれいに見える!

 

こんなにも世界ははっきりしていたんだ。

 

世界はなんて美しいんだ!

 

目の良い人はずっとこの景色を見ていたんだ。

 

こんな世界があったんだ!!

 

なぜ早くメガネをかけていなかったんだろう。

 

決して大げさではなく、あいまいな世界があたりまえだった僕にはその世界は衝撃的だった。

 

見える世界が変わった日だった。

 

 

 

 

そして僕には、見える世界が変わった経験がもうひとつある。

 

それは、強迫性障害を克服できたと感じた日のこと。

 

今まで強迫性障害な自分があたりまえだった僕が、その世界から抜け出した日のこと。

 

はじめてメガネをかけて街を歩いた日と同じように、周りの景色が光り輝いて見えたあの日。

 

決して大げさではなく、見える世界が変わった日だった。

 

 

 

 

今の僕は、レーシックをして良く見えるのがあたりまえで、視力が悪かった頃のことは遠い記憶になっている。

 

今の僕は、強迫性障害を克服して強迫行為をしないのがあたりまえで、症状に苦しんでいた頃のことは遠い記憶になっている。

 

 

 

でも、見える世界が変わった日のこと、そのショック、見えた景色の美しさは今でもはっきりと覚えている。

 

 

 

この感覚、視力が悪い人は、きっとわかってくれると思う。

 

強迫性障害で悩んでいたら、ぜひ下記を試して見てほしい。

 

あなたにも、この景色をぜひ見てほしいと思う。

 

 

 



生きてることが

読了までの目安時間:約 1分

森山直太朗さんの「生きてることが辛いなら」

 

別に何があったわけでもない。

 

夜中にふと聴きたくなることがある。

 

何も考えずにぼーっと聞いていると、心がすーっと軽くなってくる。

 

 

 

 

春が来る!

読了までの目安時間:約 2分

 

春が来る!

 

春が来る!

 

春が来る!

 

 

 

長かった冬も終わりを告げる。

 

明けない夜はない。

 

やまない雨はない。

 

そう、やっと春が来る。

 

 

 

辛くて仕方なかった心。

 

わけもなく溢れた涙。

 

希望と絶望を繰り返すだけの日々。

 

いつまで続くのか途方に暮れていた。

 

 

 

でも、頑張っていれば、報われる瞬間が来るんだね。

 

必ず乗り越えられるんだね。

 

さぁ、春が来る。

 

心も軽くなる。

 

緊張を解いてごらん。

 

顔の力を抜いて。

 

笑おう。

 

もう大丈夫!

 

 

変わることが怖い?

読了までの目安時間:約 6分

 

あなたは、変わることが怖いですか?

 

今の生活が突然変化するとしたら不安ですよね?

 

もしも、明日から強迫性障害が治ったとしたら、どうしますか?

 

自分が強迫行為をしなくなると、なんか不吉なことが起きるんじゃないかと怖くなりますか?

 

実は強迫行為をしていると、落ち着く自分がいませんか?

 

ずっとやめたいと思っていた強迫行為がやめられるのに、それを拒否している自分がいませんか?

 

あなただけじゃない。

 

実は僕もそうだったんです。

 

実は変わることを恐れていた自分がいたんです。

 

 

人は本能的に変化を恐れるようになっているんですって。

 

それがプラスの変化であろうと、マイナスの変化であろうと、変化すること自体を恐れる。

 

今まで慣れ親しんだ現状というものに対して、変わっていく未来はまったくの未知のものだから。

 

どう変わっていくのかわからないから。

 

人間の脳は、すでに知っている情報のみを好み、知らない情報を嫌うように出来ているのだそう。

 

生き残るための太古からの知恵なのでしょうね。

 

今まで安全に生きてきたのに、わざわざ環境などを変えるということは、それだけ危険に晒されることが多くなるってことですからね。

 

 

例え、それが自分にとって嫌で嫌で仕方ないことでも、変化を選択することのほうが怖い。

 

上司が本当に嫌な奴で会社に行くのが死ぬほど嫌でも、転職するという変化や独立起業するという変化のほうが怖くて、結局、今の環境から抜け出せない。

 

夫が浮気をしていても、離婚したあとの自分や子どもの生活を考えると不安すぎて、そのまま我慢し続けてしまう。

 

なんて良く聞く話ですよね。

 

さらに、歳をとればとるほど変化を恐れるようになります。

 

その歳になるまで積み重ねたものも多いですし、簡単に捨てられないものも多いですから。

 

他人から見たら、そんなの拘らずにさっさと捨てて新しい自分に変われば良いのに!って思うんですが、当の本人は変わることに、ものすごい恐怖があるわけです。

 

 

う〜ん、変わりたいと思っているのに変われない。

 

もどかしいですね。

 

でも、これは僕やあなたのせいじゃない。

 

もともと、人間が本来持っている本能によって、変化を避けているだけ。

 

人として当たり前のことであり、あなたが落ち込んだりする必要はないんです。

 

逆に、この変化に対する不安が、本能によってもたらされていると理解することで、変化する一歩を踏み出せるようになるはずです。

 

僕がこのブログで何度も書いているように、強迫性行為をしなくなっても、それが原因で不吉なことなんか起きません。

 

強迫性障害であろうとなかろうと、不安がなくなるわけではないし、自分自身はなにも変わりません。

 

あなたが、強迫性障害である必要なんて、なにひとつないのです。

 

 

強迫性行為をしなくなったら、不安ですか?

 

強迫性障害でない自分を、想像できますか?

 

大丈夫です。

 

僕がそうであったように、強迫性障害なんて手放しましょう。

 

変わりましょう。

 

強迫行為をしようがしまいが、良いことも悪いことも普通にたくさん起きます。

 

それより、もっと自分のやりたいことに時間をたくさん使いましょう。

 

強迫性障害を手放したからといって、あなた自身が全くなくなって別人になるわけじゃないんです。

 

あなたはあなたのままで、強迫性障害だけがなくなる。

 

強迫性障害なんてなくても生きていけます。

 

もうあなたも、きっと大丈夫。

 

自由になりましょう。

 

変わる事を恐れないで!

 

一歩を踏み出しましょう!

 

僕が強迫性障害を手放した方法です。良かったら、下記を参考にしてみてください。

 

 

 

サイト リニューアル!

読了までの目安時間:約 2分

 

サイトをリニューアルしました!

 

結構、移行が大変でした...

 

前のデザインはこんな感じ。

 

 

んー、あまり変わってませんね(笑)

 

しかーし!

 

今回、なぜリニューアルしたかというと!

 

遅ればせながら、モバイルフレンドリー対応を行ったのです!

 

つ・ま・り、スマホでも見やすくなったということですね。

 

今まで、時代遅れでスマホ対応ではなかったんです(爆)。

 

みなさまにはご不便をおかけしました。

 

スマホで見ると、こんな感じに見えるはずです!

 

これでスマホでも見やすくなったかと思います。

 

 

 

ということで、今後とも宜しくお願い致します!

 

1 2 3 24
管理人

●画像タイトル
<管理人> 坂上 凌
プロフィール

NEWS
人気ブログランキング 強迫性障害カテゴリにて1位を獲得できました!
●画像タイトル
詳しく見る!
人気記事ランキング
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
注意事項
病気の性質上、当ブログの内容にて、いかなるトラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を負えません。
また、当ブログでお勧めしている方法は、全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があることをご了承お願い致します。
僕が克服した方法!

僕の克服方法を公開!
是非参考にしてください!

●画像タイトル
克服方法!へGO!!

[PR] うつ病改善
[PR] パニック障害改善
[PR] サプリメント系

薬に頼らない!



[PR] 楽天