ホーム » 徒然日記 » ギブ & テイク

ギブ & テイク

読了までの目安時間:約 6分


014318

 

give(与える) & take(取る)

 

takeばかり考えている自分がいる。

 

欲しい、欲しい、欲しい、欲しい、欲しい!

 

 

 

「お金が欲しい。手に入らなかったらどうしよう」

 

「名誉が欲しい。手に入らなかったらどうしよう」

 

「地位が欲しい。手に入らなかったらどうしよう」

 

「彼女・彼氏が欲しい。手に入らなかったらどうしよう」

 

「幸せが欲しい。手に入らなかったらどうしよう」

 

欲しいと思うから、手に入らないときの不安が大きくなる。

 

強烈に欲しいと思うから、手に入らないときの不安が強烈になる。

 

もし欲しいと思わなければ、それが手に入らない不安はないわけですからね。

 

 

僕が強迫性障害に悩まされていたとき、僕の頭の中は

 

「欲しい、欲しい、欲しい、欲しい、欲しい!」

 

で埋め尽くされていたように思います。

 

心の平和が欲しい、幸せが欲しい、愛が欲しい、お金も欲しい、安定も欲しい。

 

なかなか手に入らないから、どんどん不安になっていく。

 

不安になるから、もっともっと欲しくなる。

 

その負のスパイラルから抜け出せず、体が悲鳴をあげていたような気がするんです。

 

 

もちろん、今でも「欲しい」のは変わりありません。

 

だけど、以前よりは、少し手放すことを覚えました。

 

「完璧な心の平和なんて、そんなの誰も持っていない」

 

「幸せだけなんてない。不幸も同じくらいやってくる」

 

「多少お金がなくても死にはしない」

 

いくら欲しても、手に入るときは手に入るし、手に入らないときは手に入らない。

 

そもそも、いつもいつも考えていることは、自分のことばかりなんですよね。

 

少しは相手のことを考えて、少しは与えることをしてみたいと思ったんです。

 

give & take

 

まさにこれだと思います。

 

順番的にもギブしてテイクなんですね。

 

自分が先に与えるから、自分も受け取れるんです。

 

take & give ではないんです。

 

でも、僕はずっとtake & giveの精神だったんですよね。

 

「まずはもらわないと。自分から先に与えたら損しちゃう」

 

あなただったら、こういう人に何かをあげたいと思いませんよね?

 

 

分かりやすい例で考えてみましょう。

 

僕が彼女がいなくて、喉から手が出るほど欲しかったとします。

 

「なぜ素敵な女性は、僕のことを好きになってくれないんだろう。

 

愛してくれれば、僕もいっぱい愛してあげるのに」

 

と思っている男に、彼女が寄ってくるでしょうか?

 

絶対に来ないですよね ^^!

 

要は、give & take なのです。

 

自分からたくさんの人に愛を与えるから、そんな僕を見てくれて、素敵な彼女から愛されるわけですよね。

 

あなたが愛を与えるから愛されるのですね。

 

 

よく考えてみてください。

 

お金もそう、地位もそう、名声もそう、みんな「自分が誰かに何かを与える」からそのかわりに自分が受け取れるものではないですか?

 

よくよく考えると、僕らが欲しているものは、自分から何かを与えないと手に入らないものばかりです。

 

 

もちろん、自分から与えることって、すごく難しいことです。

 

ただ与えるだけで、自分は何も受け取れないことも考えられますからね。

 

でも、何も受け取れなくても良いと割り切ってみましょう。

 

まずは、与えることから始めてみましょう。

 

小さなことでもいいんです。

 

受け取れない不安より、与える喜びを感じてみましょう。

 

自分の中で何かが大きく変わるはずです。

 

そう言っている僕も、エゴの固まりのような男なので、最初に与えるって本当に難しいことではあります(汗)。

 

でも、少しでも意識してみると、違うものですよ。

 

僕も与えられる男になるように、これから精進していきます ^^!

 

 

 



ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします!



 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人

●画像タイトル
<管理人> 坂上 凌
プロフィール

NEWS
人気ブログランキング 強迫性障害カテゴリにて1位を獲得できました!
●画像タイトル
詳しく見る!
人気記事ランキング
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
注意事項
病気の性質上、当ブログの内容にて、いかなるトラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を負えません。
また、当ブログでお勧めしている方法は、全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があることをご了承お願い致します。
僕が克服した方法!

僕の克服方法を公開!
是非参考にしてください!

●画像タイトル
克服方法!へGO!!

[PR] うつ病改善
[PR] パニック障害改善
[PR] サプリメント系

薬に頼らない!



[PR] 楽天