ホーム » 徒然日記 » チャンス

チャンス

読了までの目安時間:約 4分


529591

 

ピンチはチャンスと言われる。

 

例えばお店などでも、本来ピンチであるはずのクレームを大事に処理するお店は伸びると言われる。

 

クレームは、被害が広がる前のいわば予報であり、新商品や新サービス開発のヒントでもあるからだそうだ。

 

大きな失敗をする前に、小さな失敗をどう生かしていけるのか。

 

ってことですよね。

 

そりゃ、生きていれば当然失敗はする。

 

ピンチも来るのが当たり前。

 

呪文を唱えようが、手を洗いまくろうが、繰り返しを何度しようが、それはなんら関係なく、失敗もするし、ピンチも来る。

 

でも、そこで大事なのは恐れたり、逃げたりすることではなく、

 

「その失敗から何を学ぶか」

 

「失敗した今、自分は何をすべきなのか」

 

「次に失敗しないために何を改善すればいいのか」

 

を考えて行動すること。

 

だから、僕はピンチになったら、心の中で自分に問いかけるようにしている。

 

「このピンチは、一体なんのチャンスなんだろう?」

 

「このピンチで、僕に何を学ばせようというのだろう?」

 

そうすると、そのピンチを、その不安を、その瞬間を、

 

ただの「点」ではなく「線」として考えられるようになる。

 

この先、どうすれば良いのか。

 

なんとなく見えてくる。

 

不安に押しつぶされそうになっていても、少し冷静になって考えることができるようになる。

 

 

考えてみれば、今までいろいろな失敗してきたからこそ、今の自分がいる。

 

どのようにしたら失敗してしまうのか、どのようにしたらうまくいくのか。

 

それらは、成功からではなく、失敗から学ぶことのほうがはるかに多い気がする。

 

 

だから、今日も心の中でつぶやく。

 

「このピンチは、一体なんのチャンスなんだろう?」

 

「このピンチで、僕に何を学ばせようというのだろう?」

 

毎日、こんなことばかり思っている僕の人生。

 

ん!?

 

それって、ピンチだらけの人生なのか、チャンスだらけの人生なのか? (笑)

 

ただの「びびり」で心配性なだけなのか? (笑)

 

まぁ、どちらにしても、それは自分がどう捉えるか次第なのだろう。

 

決して逃げてはいけない。

 

他の人や環境のせいにしてはいけない。

 

それらを、自分のこととして、真正面から受け止める。

 

ピンチと受け止めるか、チャンスと受け止めるか。

 

 

そんなことを思いながら、今日も心の中でつぶやく。

 

「このピンチは、一体なんのチャンスなんだろう?」

 

「このピンチで、僕に何を学ばせようというのだろう?」

 

 

 

 






ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします!



 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人

●画像タイトル
<管理人> 坂上 凌
プロフィール

NEWS
人気ブログランキング 強迫性障害カテゴリにて1位を獲得できました!
●画像タイトル
詳しく見る!
人気記事ランキング
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
注意事項
病気の性質上、当ブログの内容にて、いかなるトラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を負えません。
また、当ブログでお勧めしている方法は、全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があることをご了承お願い致します。
僕が克服した方法!

僕の克服方法を公開!
是非参考にしてください!

●画像タイトル
克服方法!へGO!!

[PR] うつ病改善
[PR] パニック障害改善
[PR] サプリメント系

薬に頼らない!



[PR] 楽天