ホーム » 徒然日記 » 価値観と常識

価値観と常識

読了までの目安時間:約 7分


 

人によって価値観ってまるで違う。

 

性格、体質、環境などによって、まさに千差万別。

 

例えば、僕の話。

 

なかなか公には言えないけれど、お酒がほとんど飲めない体質の僕にとっては、お酒や飲み会にほとんど価値を見出せない。

 

そりゃ僕だって、懇親を深める場として、たまに飲み会などをやるぶんには、とても有意義だと思う。

 

けれど、ただの付き合いのお酒は本当に嫌い。

 

なによりも酔っ払いのくだらない「愚痴」や「自慢話」に付き合うのは、時間の無駄以外の何者でもない。

 

人にもよるけれど、お酒が入るとその人の本性がわかるもの。

 

飲めないほうは冷静なので、すごくわかります。

 

自分が誰よりも偉いと思ってる勘違い説教ジジイ。

 

人の陰口、悪口を言いまくって自分を正当化する怯える子羊ちゃん。

 

お酒を飲まないと文句も言えない悲しき愚痴リーマン。

 

自分のことしか興味のない自己主張ナルシスト。

 

逆に僕は「飲まないつまらないヤツ」と思われているのでしょうが、なかなかつらいものです。

 

せいぜい飲んでも一杯程度のお酒に、わざわざ高いお金を払って、自分の時間を削られ、疲れが増していくだけ。

 

別に女の子のいるお店に行っても、ただ社交辞令の会話が飛び交うだけで正直楽しさがよくわからない。

 

歳をとったせいなのか、若いときよりもさらに嫌いになってきた気がする(笑)。

 

もちろん、僕みたいなのは少数派で、お酒の好きな人のほうが大半なわけですし、お酒が好きな人にとって、僕のこの価値観は全く理解不能でしょう。

 

お酒っておいしいし、人と仲良くなれるし、何よりも酔うと楽しい!

 

なぜ飲み会に来ないのか? なぜ飲まないのか?

 

コミュニケーションを軽視している!

 

けしからん!

 

そう思うのでしょう。

 

 

僕だって、お酒を飲めることに憧れるし、お酒が飲めたほうが単純に楽しいだろうし、人との付き合いも広がるだろうし、飲まないのは損だっていうのもわかる。

 

一説によると、お酒を飲まないのは人生の半分を損してるらしい。

 

人生の半分ってどんだけ〜ですよね。

 

でも、僕は飲めないんだから仕方ない。

 

飲む練習もたくさんしたけれど、結局、体が受け付けなかった。

 

これはどうしようもない。

 

どちらが正しいとか、そういうことじゃない。

 

普段みんながたくさんお金を使って飲んだくれているときに、僕は自分の趣味にお金と時間をかけて没頭していたりする。

 

それはそれで、僕にとっては幸せなこと。

 

誰に何を言われる筋合いもない。

 

それでいいと思ってる。

 

 

世間では、大勢の人がやっていることが常識と捉えられる。

 

その常識から外れると、アイツは変わっているとか、変なヤツとか言われて、みんなと同じ行動をとるように強制されることが多い。

 

でも、自分の価値観がその常識と合わないことって、実はすごく多い。

 

自分の考えがすごくずれていると感じることも多い。

 

あなたもそうでしょ。

 

でも、それって特別なことじゃない。

 

みんなずれてる。

 

 

僕もそうだったけど、特に強迫性障害を患っている方って、自分だけ世間の常識に馴染めないって思い込んでしまってることが多いかと思う。

 

自分だけ世間とずれている気がして、普通じゃない気がして、思うように行動できなかったり、将来の不安ばかりが増したり、余計にへんな観念の迷路に迷い込んでしまってる。

 

でも、みんな似たようなもの。

 

強迫性障害だから、そうってわけでもないみたい。

 

みんな価値観が違う。

 

それがあたりまえ。

 

 

常識は、どこかの大勢の価値観の最大公約数。

 

常識なんて、そんなもの。実際、よくわからない。

 

そんなふわふわした常識に、実はみんな縛られてる。

 

そう「常識に従わなきゃへんなヤツに思われる」っていう強迫観念。

 

だから、常識に従うべく、作り笑いやごますりなどの強迫行為を毎日してる。

 

み〜んな、人間。

 

同じさ。

 

不安をお酒の力で紛らわす人もいれば、強迫行為をする人もいる。

 

野球が好きな人もいれば、全く興味がない人もいる。

 

トカゲを可愛いと思う人もいれば、見たくもないという人もいる。

 

み〜んな、同じ人間。

 

価値観が違うだけ。

 

自分の価値観が全て正解と思っているところが、そもそもおかしい。

 

それこそ強迫観念でしかない。それこそ病気だと思う。

 

 

お互いが価値観を押し付けることなく、お互いの価値観を認め合う。

 

まずは、自分がまわりの人たちの価値観を受け入れること。

 

相手を認めること。

 

そこから交わっていくのだろう。

 

 

明日も飲み会。

 

気が重いけど、少しでも理解しあえるように楽しもう!

 

 



ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします!



 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人

●画像タイトル
<管理人> 坂上 凌
プロフィール

NEWS
人気ブログランキング 強迫性障害カテゴリにて1位を獲得できました!
●画像タイトル
詳しく見る!
人気記事ランキング
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
注意事項
病気の性質上、当ブログの内容にて、いかなるトラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を負えません。
また、当ブログでお勧めしている方法は、全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があることをご了承お願い致します。
僕が克服した方法!

僕の克服方法を公開!
是非参考にしてください!

●画像タイトル
克服方法!へGO!!

[PR] うつ病改善
[PR] パニック障害改善
[PR] サプリメント系

薬に頼らない!



[PR] 楽天