ホーム » 徒然日記 » 失敗?

失敗?

読了までの目安時間:約 4分


046247

 

失敗はしてはいけない?

 

完璧じゃなきゃダメ?

 

プロ野球では、10打席のうち、70%失敗しても大スター。

 

TVの視聴率だって20%越えれば騒がれる。でも裏をかえせば、80%は見ていないってこと。

 

ダイソンは掃除機開発で5126回失敗したという。

 

エジソンが電球を発明するのに1万回以上も実験したのは有名な話。

 

そして、

 

「私は失敗したことがない。ただ、10000通りのうまく行かない方法を見つけただけだ」

 

という格言を残している。

 

 

そう、成功の反対から見れば、実は失敗ばっかり。

 

負けてしまうことが大半。

 

それでも、全体的に見ると、ほんの数割の成功で、ものすごい成績が出る。

 

成功より失敗のほうが多いのはあたりまえ。

 

失敗をたくさんして、それを修正するほど、成功にどんどん近づく。

 

最後まで諦めずにやって結果を出せば、それまでの失敗なんてほとんどなかったことになる。

 

 

そう、よく考えてみれば、僕らは生まれてから失敗ばかりして生きてきた。

 

幼児のころ、うまく歩けなくて転びながら、やっと歩けるようになった。

 

子どもの頃、いたずらばかりして親や先生に怒られた。

 

でも、それで、しちゃいけないことがわかった。

 

中学生の頃、部活に熱中していたときも、はじめは失敗ばかり。

 

でも、それを糧にメキメキ上達した。

 

高校の頃、友達とケンカした。

 

でも、それが元でより仲良くなった。

 

大学の頃、バイクが大好きになって、修理するつもりが壊してばかり。

 

でも、壊した分だけ、メンテナンスの腕は上がった。

 

そして、社会人。

 

社会人になると失敗はできない。

 

いい大人になって失敗してたら恥ずかしい。

 

そんなふうに、世間では言われる。

 

いつからか、ものすごく失敗を恐れるようになっていた。

 

言葉も慎重に選ぶようになった。

 

 

いつの間にこんなに臆病になっていたんだろうね。

 

あらためて思った。

 

失敗してもいいじゃない。

 

最後までちゃんとやるだけ。

 

失敗ぢゃない。

 

うまくいかない方法がわかっただけ。

 

成功にひとつ近づいたということ。

 

 

399578子どもの頃は、ちゃんとわかっていたこと。

 

恐れるな。

 

子どもの頃のように。

 

気負うことなく、構えることなく、不安になることなく、素直に受け止めよう。

 

失敗するから道が開けるんだ。

 

 

 



ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします!



 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人

●画像タイトル
<管理人> 坂上 凌
プロフィール

NEWS
人気ブログランキング 強迫性障害カテゴリにて1位を獲得できました!
●画像タイトル
詳しく見る!
人気記事ランキング
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
注意事項
病気の性質上、当ブログの内容にて、いかなるトラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を負えません。
また、当ブログでお勧めしている方法は、全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があることをご了承お願い致します。
僕が克服した方法!

僕の克服方法を公開!
是非参考にしてください!

●画像タイトル
克服方法!へGO!!

[PR] うつ病改善
[PR] パニック障害改善
[PR] サプリメント系

薬に頼らない!



[PR] 楽天