ホーム » 徒然日記 » その後の状況 » 

見える世界が変わった日

読了までの目安時間:約 5分


高校の頃から近視が強くなっていった。

 

視力で言うと、0.2〜0.3程度だったかと思う。

 

子供の頃見えていた景色が、いつの間にかよく見えなくなっていた。

 

街の中、すれ違う人の顔やお店の看板や空の雲。

 

水性絵具が画用紙に滲んだように輪郭がはっきりしない。

 

目を細めると、少しだけましになる。

 

あいまいな世界。

 

 

 

でも、僕はメガネをかけていなかった。

 

メガネがあまり好きじゃなかったというのもある。

 

裸眼でもなんとか日常生活は出来ていたし、不完全な世界が嫌いなわけでもなかった。

 

時にははっきり見えないほうが都合の良いこともある。

 

ぼやけていると、女の子がみんな可愛く見える(笑)

 

 

 

やがて僕も18歳になり、車の免許を取りに行くことに。

 

車の免許をとるには両眼で0.7以上ないといけない。

 

そこで、はじめてメガネをつくることにした。

 

メガネは好きじゃなかったけれど仕方ない。

 

目の検査をして、フレームを選んで、僕のメガネが出来上がった。

 

 

 

気恥ずかしかったけれど、メガネをかけて街を歩いてみた。

 

えっ!

 

ショックを受けた...

 

人の顔がはっきり見える! 女の子の顔も(笑)

 

お店の看板や中で売っているものまではっきり見える!

 

木々の葉っぱや枝、空の色まではっきりきれいに見える!

 

こんなにも世界ははっきりしていたんだ。

 

世界はなんて美しいんだ!

 

目の良い人はずっとこの景色を見ていたんだ。

 

こんな世界があったんだ!!

 

なぜ早くメガネをかけていなかったんだろう。

 

決して大げさではなく、あいまいな世界があたりまえだった僕にはその世界は衝撃的だった。

 

見える世界が変わった日だった。

 

 

 

 

そして僕には、見える世界が変わった経験がもうひとつある。

 

それは、強迫性障害を克服できたと感じた日のこと。

 

今まで強迫性障害な自分があたりまえだった僕が、その世界から抜け出した日のこと。

 

はじめてメガネをかけて街を歩いた日と同じように、周りの景色が光り輝いて見えたあの日。

 

決して大げさではなく、見える世界が変わった日だった。

 

 

 

 

今の僕は、レーシックをして良く見えるのがあたりまえで、視力が悪かった頃のことは遠い記憶になっている。

 

今の僕は、強迫性障害を克服して強迫行為をしないのがあたりまえで、症状に苦しんでいた頃のことは遠い記憶になっている。

 

 

 

でも、見える世界が変わった日のこと、そのショック、見えた景色の美しさは今でもはっきりと覚えている。

 

 

 

この感覚、視力が悪い人は、きっとわかってくれると思う。

 

強迫性障害で悩んでいたら、ぜひ下記を試して見てほしい。

 

あなたにも、この景色をぜひ見てほしいと思う。

 

 

 



今年もありがとうございました

読了までの目安時間:約 3分

 

月日が経つのは早いものです。

 

107297

今年の冬は暖かくて、なんだか年の瀬という感じがしないですが、いよいよ2015年も終わりです。

 

なんだかこの時期は、とても感傷的になりますね。

 

枯葉が舞う街、イルミネーションが透き通る街。

 

TVではしきりに一年を振り返ってる。

 

クリスマス、忘年会、大晦日などイベントも盛りだくさんの中で、過ぎ行く日々に追われ、この1年間、僕は一体なにをしてきたんだろう。

 

なにか大事なことをやり残している気がしてならない。

 

1日1日が大切な日々なのに、今年も自分のことで精一杯だった気がする。

 

もっと余裕を持ちたい。

 

もっと優しくなりたい。

 

もっと素直になりたい。

 

信念を持っているつもりでも、ちょっとしたことで揺らいでしまう。

 

もらうことばかりで、与えることなんてできない。

 

相変わらず自分の器の小ささを感じられずにいられない。

 

あぁ。

 

反省することしきり。

 

そのたびに思う事。

 

こんな僕を支えてくれてる人たち。

 

優しく接してくれている人たち。

 

僕に関わる全ての人たち。

 

「本当にありがとう」

 

感謝の言葉さえも素直に言えない僕だけど。

 

「本当にありがとう」

 

来年は、もっと1日1日を大事にしていこうと心から思う。

 

今年最後の日記が懺悔みたいになってしまったけれど。

 

136484本当にこのブログを読んで頂いてありがとう。

 

みなさん、良いお年をお迎えください!

 

 

 

残暑お見舞い申し上げます。

読了までの目安時間:約 3分

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

いや〜、暑いですね!!

 

日中、外を歩いていると、とろけてしまいそうです ^^!

 

かといって、早いものでもうすぐ9月。

 

子ども達の夏休みの宿題の最後の追い込みを見ていると、「夏の終わり」の寂しさを感じます(笑)。

 

季節の移ろいは、とても早いものですね。

 

そんなことを考えていたら、ふと、僕が強迫性障害を患っていた頃、夏の間中、いつも違和感を感じていたことを思い出しました。

 

それは、どんな違和感かというと、、、

 

 

体はものすごく暑いのだけれど、

 

僕の心の中がすごく冷たい。

 

 

街は開放感に溢れているのに、

 

僕の心の中は閉塞感でいっぱい。

 

海や山、植物や動物など世界が色鮮やかに動いているのに、

 

僕の周りだけモノクロームで時間が止まっているみたい。

 

夏に僕一人だけ取り残されているような感覚。

 

だから、夏が終わりに近づくと、少しほっとする。

 

やっと僕の違和感が和らぐような気がしたから。

 

だから、夏は一番嫌いな季節でした。

 

 

そんなことを思い出しました。

 

そう...

 

ふと、思い出したんです。

 

つまり、ほぼ忘れていたんですね。

 

今年の夏は、あまりそういうふうに思わなかったということ。

 

041067

 

今でも、夏は暑くてジメジメしてて、一番嫌いな季節なことに変わりはないけれど、以前のような違和感はあまり感じなかった。

 

わりと普通に、夏を楽しめてたことに、気がつきました。

 

へぇ〜

 

自分の状態だけで、世界ってこんなに変わるんですね。

 

今更だけど、改めてびっくり。

 

そして、面白いですね。

 

そっかぁ。

 

よし、もう残り短いけれど、夏を楽しもう!

 

 

まだまだ暑い日が続きそうですが、みなさんも、どうかお体大切にお過ごし下さいますよう、

 

また、楽しい夏が過ごせますよう心からお祈り申し上げます!!

 

一年前

読了までの目安時間:約 3分

 

お久しぶりです!

 

最近、なにかと忙しくて、なかなか更新が出来なくてすみません!

 

ぽかぽか陽気ですね~。

 

季節感のせいか、なんだか最近、一年前の今頃、プログラムを必死にやっていたことを思い出します。

 

ぴったり一年前というと「2013.4.25(木) テーマ4 読み込み!」の記事に書いたとおり、ちょうどプログラムの折り返し地点だったんだぁ。

 

なんだか、懐かしいなぁ。

 

当時は「本当に治るのか?」という不安と「絶対に治る!」という希望が、僕の中でごちゃまぜで存在していました。

 

そんなことを思い出しながら、当時のエクササイズノートを見返していたら、涙が出てきちゃいましたよ...

 

もし、このプログラムを実行していなかったら、今頃なにしていたんだろうって。

 

本当に実行して良かったって。

 

何度かブログにも書いていますが、治ってから、たくさんの新しいことを始めてみたり、行動範囲が広がったりして、以前より何倍も充実した毎日を送ることが出来ています。

 

以前は(強迫性障害であるなしに関わらず)「失敗したら嫌だなぁ」「面倒だなぁ」と行動をためらっていた場面も、今はあまり躊躇せずに「まずは行動してみるか!」って感じになってます。

 

もちろん、行動をはじめることで、壁にぶつかり失敗することも多い...

 

ですが、

 

「失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法を見つけただけだ!」

 

というエジソン思考で頑張ってやっています!

 

ん?

 

頑張ってやっているっていう表現、ちょっと違うな。

 

なんか、エネルギーが湧いてきて「動かないと気が済まない」といったほうがイメージにあっているかも。

 

陽気がいいのもあるかなぁ。

 

そう、冬眠していた動物がもぞもぞと動き出す感じ。

 

うん、調子いいです。

 

明日からGWで連休の方も多いと思います。

 

やりたいこと、たくさんやりましょう!

 

このブログ、参考にして頂いて、もっともっと元気になってくれたら嬉しいです!

 

 

003574

 

克服3ヶ月後の台風直撃でふと思う事

読了までの目安時間:約 2分

 

いやー、3連休だというのに、台風直撃とは... (;´д`)

 

うちのほうも雨脚が強くなったり弱くなったり、突然晴れてみたり、台風前の独特な感じです。

 

これから暴風域に入ってくるということなので、みなさん、お気をつけ下さいね。

 

こんな天気なので、どこにも出かける気になれず、子どもたちと「つまんね〜」と言いながら、な〜んにもしない休日を楽しんでいます (^o^)ノ

 

そういえば、ふと思ったんですが、休日の昼間に家にいることって、かなり久しぶり。

 

良く良く考えてみると、強迫性障害を克服できてからの3ヶ月間、それまで億劫に感じて出来なかったことにたくさんチャレンジできていて、休む暇もないくらい活発になっている自分がいることに気がつきました。

 

やっぱり、強迫観念・行為があると、何をするにも周りの目が気になるし、自分もものすごく疲れてしまう。

 

周りに迷惑をかけるわけにもいかない。だから、どうしても知らず知らずのうちに、活発に行動すること、新しいことにチャレンジすることを避けてしまうんですよね。

 

そんなことを思い出しながら、変わりつつある僕の気持ち、僕の生活を再確認しています。

 

20090321_mm_5527_h800

 

克服できたからって、全てがハッピー、全てがうまく回りだすってわけでもなく、あいかわらずUPDOWNも多いけれど、以前より、確実に前向きに、確実にチャレンジできていることは大きな変化だよね!

 

なんか雨の日に「うずうず」する感覚。久しぶりだな〜。

 

あ〜、つまんない〜 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

 

Wの効果

読了までの目安時間:約 5分

 

実は...

 

僕は強迫性障害の他に、もうひとつ「ギャンブル依存」に悩んでいました。

 

パチンコです。

 

どこまでが依存といってどこまでが依存じゃないかは微妙ですが、ずっとやめたいのにやめられなくて、全然勝てなくて、年間100万円以上も散財した年もありました。

 

まあ、特に最近のパチンコはゲーム性もあり、当たりが来るとドーパミンが「ぱっ〜」と出て楽しいのですが、結果ほとんど負ける。

 

冷静に考えると、ただただ同じような場面が繰り返される液晶画面をずっと見ているだけで非常に無駄な時間を過ごしている&せっかく稼いだお金が万単位であっという間に消えていくのに耐えられなくて、自己嫌悪に襲われて、もう絶対に止めようと思ってもどうしても次に行ってしまう。

 

負けたら、「このままじゃ終われない! 絶対に次に取り返す!」

 

勝ったら、「あ〜、ぱちんこって楽しい! 楽しくてお金も増えるってすごい!」

 

バカですね。要は勝っても負けても、無限地獄から抜け出せないわけです。

 

僕は強迫性障害を患っていたこともあり、少なくともパチンコを打っている間は嫌なことは忘れられるし、ひたすら現実逃避するっていうのもあったんでしょうね。

 

今だから言えますが、、、 ^^!

 

克服方法でかっこいいこと書いてますが、そもそも「強迫性障害克服プログラム」を購入する際も、その少し前にパチンコで結構負けてしまって、

 

「どうせお金を失うならダメもとで強迫性障害克服プログラムを購入して克服に挑戦してみよう!」

 

って思ったのが行動するきっかけの1つだったりしたわけです...

 

その後、克服日記でも書いているように、克服プログラムを購入し実行するわけですが、

 

始めのうちは、マニュアル読んだりエクササイズをしたりで忙しくてパチンコに行く余裕がない。

 

慣れてきて少し余裕ができても、エクササイズで実施する毎日の目標達成のためパチンコをしている時間がそもそもない。

 

克服プログラム終盤になると、僕の中でもっと大事なことが出来始め、パチンコに時間を使うこと自体がもったいないと思えるようになった。

 

克服した後は、このサイトを作り始めたこともあり、パチンコをやる時間なんてとれない。

 

という感じで、気がついたら、

 

4月からもう3ヶ月以上もパチンコをしない生活が続いています。

 

今では、パチンコCMを見てもパチンコをしたいと思わなくなりました!

 

こんなことって今までになかったことです。

 

克服プログラムを始めた当初は全く想定していなかったのですが、

 

強迫性障害の克服、パチンコ依存からの脱却というWの効果!!

 

出来過ぎです!

 

でも、僕が思うに強迫性障害もパチンコ依存も根は一緒で「とにかく今この瞬間だけでも不安から逃れたい、少しでも楽しくなりたい」っていう思いがそうさせていたんじゃないかって思います。

 

だから偶然にも同時に克服できた。

 

っぱり、自分が夢中になれることに取り組んでいたり、目標が明確になっていて一歩一歩進んでいると、「何が大切で何が無駄なのか」が頭だけではなく体で感じられる。

 

そういう充実感のある生活が送れていることに、今、純粋に感謝しています!

 

めちゃめちゃ大変だけど ^^!

 

 

 

 

約1ヶ月後

読了までの目安時間:約 2分

032183
強迫性障害の克服宣言から約1ヶ月。

 

あれから症状のほうはどうか。

 

ほんとに時々、癖のように強迫観念が顔を出すことがあるけれど、ほとんど気にならないレベル。

 

再発もしてないし完治したと言っても良いでしょう!

 

今では、なんであんな無意味な繰り返し行為なんてやってたんだろうな〜と懐かしい?思い出になりつつあります...

 

ただ、人生をより充実させるために、今でも克服プログラムの中で覚えた各種エクササイズは継続しています。

 

やっぱり、このエクササイズをしていると、自分が今、何をすべきかがよく見えてくる。

 

そして、自信もついてくるのでチャレンジ精神もわいてくる。

 

実は、このサイトも克服プログラムのテーマ3で実施したエクササイズ「人助け」の中で、どうすれば自分は誰かの役にたてるだろう、同じように悩んでいる人の役にたてるだろうかと考えた結果、創ろうと決意したもの。

 

強迫性障害の症状があったときには、繰り返し行為の嵐で、とてもじゃないけどHPの作成なんて無理だったと思う。

 

それが今では、それまで一切やったことのなかったHP作成とか、サイト運営とかもこうしてやっている!

 

今までの僕では考えられなかったこと。

 

不安とうまくつきあいながら新しいことにどんどんチャレンジできている!

 

人ってここまで変われるんだ。

 

今はいろいろな新しい知識を勉強することがすごく楽しい!

 

実は僕ってすごいじゃん!?

 

 

 

 

管理人

●画像タイトル
<管理人> 坂上 凌
プロフィール

NEWS
人気ブログランキング 強迫性障害カテゴリにて1位を獲得できました!
●画像タイトル
詳しく見る!
人気記事ランキング
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
注意事項
病気の性質上、当ブログの内容にて、いかなるトラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を負えません。
また、当ブログでお勧めしている方法は、全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があることをご了承お願い致します。
僕が克服した方法!

僕の克服方法を公開!
是非参考にしてください!

●画像タイトル
克服方法!へGO!!

[PR] うつ病改善
[PR] パニック障害改善
[PR] サプリメント系

薬に頼らない!



[PR] 楽天